表参道の美容院freera(フリーラ)>縮毛矯正>縮毛矯正を失敗したくない人に1番に見て欲しいコラム 福本俊也

縮毛矯正を失敗したくない人に1番に見て欲しいコラム 福本俊也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
縮毛矯正を失敗したくない人に1番に見て欲しいコラム 福本俊也

縮毛矯正の失敗と原因


こんにちわ

アラサー女子の強い味方!

表参道の美容室「freera」スタイリストの福本俊也です♪

癖毛に悩む皆さんっ!毎日大変ぢゃないですか?髪の毛伸ばしたいけど膨らむから。。。髪の毛が広がるから。。。

綺麗にのばすの諦めていませんか?

縮毛矯正をかけたいけどダメージが気になる。。。

そうですよね!?気になりますよね!?

今回は縮毛の失敗がなぜ起こるのかとダメージしない「福本俊也オリジナル縮毛矯正」のご紹介をさせて頂きます!


「縮毛矯正の失敗事例」


・縮毛矯正したのにうねりがある

髪の毛のダメージを見極めきれず、優しい薬を使用し、髪の毛の結合が切りきれずかけたにもかかわらずクセが残ってしまっている状態。

なんの説明も理由もなく癖が残ってしまっては「これって失敗かも。。。?」と思ってしまいますよね?

(髪の毛のボリュームの関係でわざと少し癖を残す場合もあります。担当者とよく相談しましょう)


・髪の毛が痛んでチリチリになってしまった

縮毛矯正は最初に髪の毛の中の結合を切ることから始めます。

36c273cc28dde2f037808d96054ac61219ca306a.jpg


この時にアルカリ剤でキューティクルをひらき、還元剤で髪の毛の結合を切っていきます。ダメージレベルを見極められていないと キューティクルを開きすぎたり、必要以上にタンパク質を分解してしまい、髪の毛が元の形状を保てなくなり、潰れてしまってびびり毛になってしまいます。これは確実に美容師の失敗です。


271743e20756f5b111ea74e22faac93bcb96dcf0.jpg


びびり毛になってしまった場合基本的には治せません。過膨潤、酸膨潤してしまった髪の毛はタンパク変性を起こしてしまっていて髪の毛の形を形成することができません。

見た目だけを綺麗にすることはできなくはないですが、あまりオススメではありません。


a1b84c04e6a1e3330baa1ff49953feb2542ccbeb.jpg


福本オリジナルストレートはキューティクルを開く力は弱めで還元力が強いです。優しく結合を切り、出来るだけ髪の毛を元の形に戻します。


・針金を入れたような不自然なストレート

お客様の求めるストレート具合と担当者の求めるストレート具合の差がうまれてしまっておきた失敗です。


まっすぐしたくて縮毛矯正をしたけどピンっピンにまっすぐすると不自然ですよね。髪の毛の結合を切り過ぎていること、アイロンのプレスが強すぎる、温度が高すぎることが失敗の原因であることが多いです。